>

種類を分別しよう

分けて収納するのが良い方法

よく使うものでも、種類をゴチャゴチャにしていたら探すのが大変になってしまいます。
全てまとめて収納するのは、良くないことです。
わかりやすく収納するためには、箱を分けてください。
ハサミやペンは文房具、薬や絆創膏は衣料品というように分けて整理すると、収納しやすいです。
使う時も取り出しやすいので、家事効率が高まるでしょう。

場所を決めたら変えないことが大切です。
コロコロ場所を変えていると、収納場所をいつまで経っても覚えることができません。
家族にも迷惑を掛けるので、最初から使いやすい場所を見つけて、収納場所にしてください。
これ以上ものを増やさない意識も欠かせないので、ものを買う時は生活に必要なのか見極めましょう。

綺麗に整頓するポイントとは

カテゴリーごとに分けていても、箱の大きさがバラバラだったら綺麗に見えません。
お客さんが来た時に、変だと思われる可能性があります。
綺麗に収納するためには、箱の大きさを揃えてください。
デザインも揃えた方が、統一感が出るので違和感を抱きません。
同じ種類の箱は、なかなか自宅に置いていないと思います。
購入した方が、手っ取り早いでしょう。

100円ショップに行くと、様々な大きさやデザインの箱が販売されています。
複数買っても、費用は1000円以下になることが多いので経済的な負担になりにくいです。
デザインは同じで、色違いの箱を買っても良いですね。
すると赤い箱は衣料品、青い箱は文房具というように見分けがつきやすいです。